FC2ブログ

銀座ぐんまちゃんちに花まゆの紫陽花展示

●銀座6丁目・ぐんまちゃんちの花まゆ展示入れ替えました。

ぐんまちゃんち2019年6月

梅雨空が続くこの頃、鮮やかな色の紫陽花は目を引く初夏の花。
銀座6丁目、群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃんち」の店頭の花まゆ展示は
大輪の薔薇から紫陽花に模様替え。今や様々な色調の紫陽花がありますが
青紫の基本の色で花まゆオリジナルの紫陽花を制作。
背の高い花器と、リース台を使い、おしゃれな雰囲気のアレンジになりました。
銀座にお出かけの際は、是非立ち寄ってください。

ぐんまちゃんちの店頭を飾る花まゆの薔薇

●ぐんまちゃんちの花大輪の薔薇、薔薇、薔薇。

ぐんまちゃんち

銀座のぐんまちゃんちの店頭に、花まゆの大輪の薔薇を展示中です。
一枚一枚、繭を薄く剥いだ花びらが重なり、見事です。
匂い立つような薔薇をぜひご覧ください。
銀座6丁目。銀座シックスの傍です。群馬県の特産物が揃っていますよ。

名古屋ヒルトンプラザにて花まゆ作品展示中

● 名古屋ヒルトンプラザにて花まゆ作品展示中

春うらら、心地よい季節の到来です。どこかお出かけしたくなるこの頃。
そんな気持ちを誘うスプリングフェアが名古屋ヒルトンプラザで始まります。
創設30周年を記念しての特別フェア、その記念を祝してプラザ内に
花まゆ作品が展示されています。しだれ桜、収穫祭、薔薇、そして小石丸の花、立葵と
見応えのある作品ばかりです。お友達を誘って是非お出かけください。
4月21日までの一か月間の展示ですので、ショッピングを楽しみながらどうぞ。
お洒落なお店が勢ぞろいのプラザ、素敵なイベントも予定されているようですよ!


しだれ桜

収穫祭他

収穫祭ナナメ

薔薇

名古屋ヒルトンプラザ 名古屋市中区栄1丁目3番3号 名古屋ヒルトンプラザB1F
               AM11:00~PM8:00≪営業時間は店舗によって異なります≫
               http://hiltonplaza.ne.jp/

ぐんまちゃんちの花まゆは春模様に

●ぐんまちゃんちの花まゆは水仙で春模様
水仙

新しい年を健やかにお迎えのことと思います。
今年も花まゆは、素敵なお花をお見せできるようにと、
講師一同精進しておりますので、よろしくお願いいたします。

さて、東京銀座6丁目の群馬県アンテナショップの
ぐんまちゃんちの花まゆが水仙に変わりました。
馥郁とした香りがしてきそうなほどの水仙です。
お近くに寄られたら是非ご覧ください。

ぐんまちゃんちの花まゆ展示はお正月飾りに

●ぐんまちゃんちの店頭に花まゆお正月飾り

1ぐんまちゃんちお正月

東京銀座6丁目にある群馬県のテナントショップのぐんまちゃんちの店頭の花まゆ展示が
お正月飾りになりました。花まゆならではの、繭花と、2019年度の正月飾りの椿と
キビソボール。華やかで清々しい飾りつけになりました。
群馬の名物がたくさん並ぶ、楽しい店内。ぜひのぞいてみてください。
なお、報告が遅くなりましたが、クリスマス飾りもポインセチアで楽しい飾りでした。
1ぐんまちゃんちクリスマス

リヨン花まゆ展示会のご報告

☆日仏国交160周年記念・サンテティエンヌにて展示とワークショップ③

11月19日・サンテティエンヌは、リヨンより北に1時間半ほど。かつてリヨンの絹織物業をリボン製造で支えた街です。今でも、シルクリボンに限らす、様々な素材の(例えば伸縮性のある素材など)、現代に合ったリボン製造が盛んだそうです。街の高台に旧市役所の白亜の城がリボン博物館、その他サンテティエンヌの産業として自転車と武器の博物館でもあります。そのリボンコーナーでのわずかな展示ですが、多くの方が来展してじっくりとご覧になっていたのが印象的です。


1サンテティエンヌ
2サンテティエンヌ
3サンテティエンヌ
7サンテティエンヌ
4サンテティエンヌ
5サンテティエンヌ
4サンテティエンヌ

リヨン花まゆ展示会のご報告

☆日仏国交160周年記念・ソワリボネでの展示とワークショップ②

11月17日・リヨンから1時間半ほどの郊外の小さな村に、富岡製糸場のモデルになった製糸場・織物工場が残るソワリボネ。世界遺産として工場跡が残り、織物工場の歴史を語る博物館もあります。訪れたときは、冬季閉館になる直前で花まゆのための特別な開館でした。

ソワリボネ建物
1ソワリボネ博物館
2ソワリボネ博物館
博物館からの依頼は、展示以外にカンヌのドレスデザイナー、デニスデュラン氏とのコラボレーション。彼のデザインするドレスに花まゆのコザージュかヘッドドレスを付けてほしいというものでした。
選んだドレスは3点。そのどれもが、ぴったりとマッチした酒井先生の素晴らしいデザイン。今まで静かだったドレスがまるで生命が吹き込まれたように生き生きと見えると、デュラン氏の言葉。
ソワリボネ2
ソワリボネ1
ソワリボネ3
5ソワリボネ
ソワリボネ4
3ソワリボネ建物
ソワリボネ6
7ソワリボネ

リヨン展示の報告

● リヨンでの展示は大盛況のうちに終了しました①
☆日仏国交160年周年記念・「シルクインリヨン」での花まゆ展示とワークショップ

建物リヨン絹市
1リヨン

 今年は日仏国交160年目にあたり、その記念イベントの一環として花まゆは参加しました。
そのメインイベントがリヨン商工会議所にて開催される絹市です。その絹市は、今年から「Silk in Lyon」と名称を変え、例年の絹織物やスカーフなどのお値打ち販売に加え、エルメスのスカーフ プリントのデモンストレーションをはじめ、手仕事のワークショップや、アーティストの展示など様々なイベントが リヨン商工会議所にて11月15日〜18日の4日間繰り広げられました。
 花まゆは、絹市の開催された同じフロアの別室で、部屋いっぱいになるほどの沢山の花を生け込んで、 リヨン商工会議所の建物に負けない程の豪華さで、多くの人々の心と目を魅了。繭とは思えないほど繊細な中に力強い花々に感嘆の聲が聞こえました。
3リヨン
リヨン6
リヨン9
リヨン4
今回のテーマは、日本の四季。お正月のまゆ花から始まり、繭椿、水仙、翁草など小さな花が。
そして日本を代表する桜、正面のマントルピースの前には夏のイメージで宙の作品を
2メートル近くまで立ち上げています。生成り桜とリヨンの薔薇は圧巻でした。
秋はススキと野花、収穫祭、愛らしいウサギ。日本の豊かな四季を感じさせる花々ですが、どの方も細やかな手仕事から生まれる花まゆ作品一つ一つをじっくりとご覧くださり、フランスの方々の関心の高さに花まゆ講師たちも嬉しい悲鳴でした。

期間中多くのVIP、プレス関係にもご覧いただけ、大きな評価を得ています。

ワークショップは別会場で、30名近くのリヨンのマダムや、アートスクールに留学中の学生など様々。
日本大好きという方々が沢山いらっしゃって驚きです!JICCローズのミニブローチを完成しました。


1リヨン展示風景大勢の来展者であふれることも。
2リヨン絹市リヨンシルク市会場も大賑わいでした。
リヨンワークショップ立派なワークショップ会場。

台中フローラル世界博覧会開催!

●台中にて開催中のフローラル世界博覧会に花まゆが出品。

台湾中部・台中市で2018年11月3日に開催されたフローラル世界花博覧会に、
群馬県ブースにて花まゆの作品「収穫祭」が、生花とコレボレーションされ、展示されました。
フローラル世界博覧会は2年に1度開催される世界の花コンテストです。

10入り口台中15台中

今回の出品は「絹の国」である群馬県ならではの特色を生かした展示とのことで、
繭から生まれた花・花まゆがノミネートされました。
錦繍の秋の群馬を背景に、群馬県から届いた秋の花々がびっしりと生け込まれ、
その中に花まゆが浮かび上がっていました。
残念ながら賞は逃しましたが、花まゆは存在感のある花と他の出展者から評価を受けました。

台中4群馬群馬県のブース

台中11台中6鳥取台中712台中14台中以上は、他のブースのほんの一部。


また切り花部門では、群馬の花が銀賞を受賞。アジサイやスプレイマム、そして
バラはまさに匂うがごとく、繊細な色彩が美しく、見事でした。

台中2バラ

海外出展ブースは11月18日が最終ですが
花博は2019年4月24日間で、開催されます。
台湾にご興味のある方は、訪れててはいかがでしょうか。
会場では、南国特有の多種多様なランの花が咲き誇り、様々なイベントが開催される予定です。

ぐんまちゃん家の花まゆを秋にチェンジ

●ぐんまちゃん家の花まゆが秋の風情にかわりました。

2018年秋ぐんまちゃん家

群馬県アンテナショップの<ぐんまちゃん家>の花まゆ作品が変わりました。
秋の風情を取り入れた花々。ススキ、われもこう、萩、ナデシコを組み合わせたアレンジです。
GINZA6 (旧松坂屋)のすぐそばですので、お時間がある方は寄ってみてください。
群馬県の一押しの美味しいものも手に入る、銀座の穴場です。
花まゆ公式ブログ
教室案内等は公式HPをご覧ください

花まゆ

Author:花まゆ
花まゆ公式ブログへようこそ

花まゆ公式HP

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR