FC2ブログ

ぐんまちゃんちの花展示が変わりました。

●「ぐんまちゃんち」に展示の花はお正月花に!

ぐんまちゃんち2019年12月

今年も残りわずかになりました。
花まゆ展示も、お正月花にチェンジ。 
色華やかな溢れるばかりの花を生け込みました。
お正月ならではの祝いの繭玉をあしらったモダンな花飾りです。
銀座へお出かけの際にはぐんまちゃんちにぜひお立ち寄りください。

今年花まゆは、富岡製糸場世界遺産登録5周年を記念して
大展覧会「富岡製糸場と花まゆ展」が富岡製糸場東置繭倉庫内で開催され、
年明けの1月19日まで第2弾が引き続き展示されています。
そして第3弾が、2月29日〜3月末に開催されます。
毎回違った花を展示します。
花まゆの多彩な作品をぜひご覧ください。

皆様のご多幸を祈りつつ、
よい年をお迎えください。

富岡製糸場と花まゆ展第2弾が始まりました。

●富岡製糸場と花まゆ展・第2弾が始まりました。

-6富岡②

大勢の皆様にご覧いただき、大好評だった1弾に引き続き、第2弾が始まりました。
第2弾は「日本の四季を彩る祝
い花、伝え花」で、四季を彩る日本の花を
花まゆで表現しました。富岡製糸場東置繭倉庫に、花まゆの作品22点が展示されています。

-2富岡②

-12富岡②2
匂い立つような5月の薔薇の大作から始まり、夏は力強い花、秋は楚々とした花々。

-7富岡②2
-13富岡②2
ー6富岡②

-16富岡②
そして正月の祝い花には、艶やかに、晴れやかに、花々の舞う姿。
軽やかに舞う花々をあしらって、富岡から世界へ羽ばたいてほしいという願いを込めています。
ー15富岡②


南天は「難を転ずる」とかけた、おめでたい花。
-18富岡②

肥後椿や、水仙。春はお節句の花々。お雛祭りと端午の節句。桃の花と菖蒲が飾られています。

②-5富岡

そして一巡した最後は、桜で日本の心を伝えます。

-17富岡②2
第2弾の会期は、2020年1月19日(日)まで。年末の12月29日〜31日は富岡製糸場がお休みです。
上州の寒さの中ですが、どうぞ温かくしてお出かけください。
花まゆらしい、和の世界を味わってください。

ぐんまちゃんちの花展示を入れ替えしました。

●銀座・「ぐんまちゃんち」の花展示が入れ替わりました。

ぐんまちゃんち2019年11月

秋も深まって、寒さも一段と感じられる頃です。
ぐんまちゃんちの花まゆ展示は、名残りの花を沢山盛り込みました。
細やかに作られた繭の花が、彩り豊かに、皆様をお迎えしています。

是非お出かけください。
ぐんまちゃんち は、GINZA6の南側通り沿いで新橋寄りです。
群馬県の名産物がお求めになれますよ。

第20回東山荘花繭展開催されました

●第20回東山荘花繭展が開催されました。

P1018988.jpg

名古屋瑞穂区にある東山荘にて11月1日〜3日に開催された花繭展。
今回20回目という記念の展示会で、収穫祭の生成りの大作をはじめ、会長の木瓜の花、
講師、中部・関西地区の生徒さんの見事な作品が勢ぞろいしました。
天候にも恵まれ、初秋の東山荘の庭を借景に見ごたえのある展示会で、
大勢の方にご覧いただき、花まゆスタッフ一同感謝しております。


P1018635.jpg

P1018634.jpg

P1018645.jpg

P1018799.jpg

P1018676.jpg

P1018677.jpg

P1018788.jpg

P1018698.jpg

P1018729.jpg
P1018682.jpg


富岡製糸場と花まゆ展第一弾終了しました。

●富岡製糸場と花まゆ展第1弾が好評のうち終了。

9月の21日〜10月20日まで開催した富岡製糸場と花まゆ展は
多くの皆様にご覧いただき、好評のうちに終了しました。
「絹が結ぶ縁」のテーマのもと、リヨンでの展示の帰朝展で、
花まゆの優美さに触れていただきました。
第2弾は12月7日〜令和2年1月19日まで開催します。
是非、多くのご来場をお待ちいたしております。乞うご期待を。

農林水産省にて花まゆ展示

●農林水産省に花まゆが展示されています。

span>農水省展示2019年10月

霞が関・農林水産省の入り口横エントランスホールの和で室らえた展示室に
花まゆが展示されています。日本の伝統産業紹介ブースで
様々な工芸品が展示されるそうです。
花まゆは、収穫の季節に相応しい、揚り繭で制作した生成りの花と、
小石丸で作った可愛らしい小人たちです。
見学自由な空間ですので、是非ご覧ください。
10月末までの展示予定です。

農水省
農林水産省入り口

富岡製糸場と「花まゆ」展が始まりました。

●富岡製糸場と「花まゆ」展開催中
富岡製糸場世界遺産登録5周年の記念事業として開催中の花まゆ展は、
東繭置所にて10月20日まで開催されます。
来年の3月末まで、三回に亘って、テーマを変えて毎回違った花まゆ展を展開します。
まず第一弾の、「絹が結ぶ縁」として、2015年、2017年にリヨンにて
展示した作品を中心にお見せしています。
入り口の「収穫祭」は、今回初登場で、花まゆの原点でもある
揚り繭やくず繭といった糸になれなかった繭を使って、
18000輪もの花びらで作られています。自然な繭の色で、
美しく光り輝く花々はここで従事していた若き女工さんたちのようでも。
どうぞ、じっくりとご覧ください。

富岡展示8収穫祭
4富岡展示シルクロード
富岡展示2
5富岡展示

9月21日オープニングセレモニー・テープカットの瞬間
富岡オープニング1

開催時間 午前9時~午後5時(ただし入場は午後4時半まで)
入場料、大人1,000円(花まゆ展は無料でご覧いただけます)

ぐんまちゃんちのお花入れ替えました。

● ぐんまちゃんち店頭を飾る「小石丸の花」
 
銀座6丁目の群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃんち」の店頭を飾る花が入れ替わり、
この秋は「小石丸の花」です。小さな花々が織りなす作品は、錦繍の秋をイメージして
色とりどりの小石丸で制作しています。
2019年9月1ぐんまちゃんちの花
ぐんまちゃんちの花2019年9月3
ぐんまちゃんち花2019年9月2


小石丸は、美智子上皇后様が育てられていた繭でも知られる、
日本在来種の貴重な繭です。真ん中が少しくぼんで小さな形状も愛らしく、
花まゆでも特別な花を作るときに使用してきました。
その小石丸だけで作られた花は高貴な雰囲気も漂う花です。
お近くにいらした折には、是非お立ち寄りください。

銀座6丁目のGINNZA6の南側で新橋寄りで、
群馬県の特産品も揃っていて、楽しいお店です。

富岡製糸場と「花まゆ」展開催のお知らせ

● 富岡製糸場世界遺産登録5周年記念 「花まゆ」展が開催されます。

 富岡製糸場が世界遺産登録から今年5周年を迎え、その記念事業の一環として
 花まゆ展が、9月21日〜 来年3月末まで 三回に渡って繰り広げられます。
 繭がとりもつ縁で、花まゆを応援してくださった富岡市、群馬県、そして
 全国の花まゆファンの皆様に感謝を込めて、総力を挙げて花まゆ展を展開します。


富岡はがき

第1弾 2019年9月21日(土)〜10月20日(日)*「絹が結ぶ縁」 
     「絹が結ぶ縁」 2014年世界遺産登録後、花まゆは2015年と2018年、リヨンにて
     展示会を開催。世界一の絹の都リヨンで好評を博した花まゆ展の再現します。

第2弾 2019年12月7日(土)~2020年1月19日(日)*「祝いの花」
     繭は「お蚕様」と呼ばれるほど大切に育てられてきました。縁起の良い繭を使った
     花まゆで、日本の四季を彩る祝いの花を提案します。

第3弾 2020年2月29日(土)~3月29日(日)*「未来へ、無限」
     繭は、美しい絹のみではなく、医療用など様々な分野で使用される可能性は
     無限大に広がっています。繭を余すことなく使い切る花まゆの新しい提案です。
     カンヌのデザイナー、カツラユミとのコラボなど映像を交えてお見せします。

  
  ◆会場 富岡製糸場 東繭置所
  ◆開場時間 9:00 ~17:00(入場は16:30まで)
  ◆入場料 大人1,000円、高校大学生250円、小中学生150円
         花まゆ展は無料でご覧いただけます。
  ◆問い合わせなど 富岡製糸場富岡製糸場と「花まゆ」展

銀座ぐんまちゃんちに花まゆの紫陽花展示

●銀座6丁目・ぐんまちゃんちの花まゆ展示入れ替えました。

ぐんまちゃんち2019年6月

梅雨空が続くこの頃、鮮やかな色の紫陽花は目を引く初夏の花。
銀座6丁目、群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃんち」の店頭の花まゆ展示は
大輪の薔薇から紫陽花に模様替え。今や様々な色調の紫陽花がありますが
青紫の基本の色で花まゆオリジナルの紫陽花を制作。
背の高い花器と、リース台を使い、おしゃれな雰囲気のアレンジになりました。
銀座にお出かけの際は、是非立ち寄ってください。
花まゆ公式ブログ
教室案内等は公式HPをご覧ください

花まゆ

Author:花まゆ
花まゆ公式ブログへようこそ

花まゆ公式HP

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR