FC2ブログ

リヨン花まゆ展示会のご報告

☆日仏国交160周年記念・サンテティエンヌにて展示とワークショップ③

11月19日・サンテティエンヌは、リヨンより北に1時間半ほど。かつてリヨンの絹織物業をリボン製造で支えた街です。今でも、シルクリボンに限らす、様々な素材の(例えば伸縮性のある素材など)、現代に合ったリボン製造が盛んだそうです。街の高台に旧市役所の白亜の城がリボン博物館、その他サンテティエンヌの産業として自転車と武器の博物館でもあります。そのリボンコーナーでのわずかな展示ですが、多くの方が来展してじっくりとご覧になっていたのが印象的です。


1サンテティエンヌ
2サンテティエンヌ
3サンテティエンヌ
7サンテティエンヌ
4サンテティエンヌ
5サンテティエンヌ
4サンテティエンヌ

リヨン花まゆ展示会のご報告

☆日仏国交160周年記念・ソワリボネでの展示とワークショップ②

11月17日・リヨンから1時間半ほどの郊外の小さな村に、富岡製糸場のモデルになった製糸場・織物工場が残るソワリボネ。世界遺産として工場跡が残り、織物工場の歴史を語る博物館もあります。訪れたときは、冬季閉館になる直前で花まゆのための特別な開館でした。

ソワリボネ建物
1ソワリボネ博物館
2ソワリボネ博物館
博物館からの依頼は、展示以外にカンヌのドレスデザイナー、デニスデュラン氏とのコラボレーション。彼のデザインするドレスに花まゆのコザージュかヘッドドレスを付けてほしいというものでした。
選んだドレスは3点。そのどれもが、ぴったりとマッチした酒井先生の素晴らしいデザイン。今まで静かだったドレスがまるで生命が吹き込まれたように生き生きと見えると、デュラン氏の言葉。
ソワリボネ2
ソワリボネ1
ソワリボネ3
5ソワリボネ
ソワリボネ4
3ソワリボネ建物
ソワリボネ6
7ソワリボネ

リヨン展示の報告

● リヨンでの展示は大盛況のうちに終了しました①
☆日仏国交160年周年記念・「シルクインリヨン」での花まゆ展示とワークショップ

建物リヨン絹市
1リヨン

 今年は日仏国交160年目にあたり、その記念イベントの一環として花まゆは参加しました。
そのメインイベントがリヨン商工会議所にて開催される絹市です。その絹市は、今年から「Silk in Lyon」と名称を変え、例年の絹織物やスカーフなどのお値打ち販売に加え、エルメスのスカーフ プリントのデモンストレーションをはじめ、手仕事のワークショップや、アーティストの展示など様々なイベントが リヨン商工会議所にて11月15日〜18日の4日間繰り広げられました。
 花まゆは、絹市の開催された同じフロアの別室で、部屋いっぱいになるほどの沢山の花を生け込んで、 リヨン商工会議所の建物に負けない程の豪華さで、多くの人々の心と目を魅了。繭とは思えないほど繊細な中に力強い花々に感嘆の聲が聞こえました。
3リヨン
リヨン6
リヨン9
リヨン4
今回のテーマは、日本の四季。お正月のまゆ花から始まり、繭椿、水仙、翁草など小さな花が。
そして日本を代表する桜、正面のマントルピースの前には夏のイメージで宙の作品を
2メートル近くまで立ち上げています。生成り桜とリヨンの薔薇は圧巻でした。
秋はススキと野花、収穫祭、愛らしいウサギ。日本の豊かな四季を感じさせる花々ですが、どの方も細やかな手仕事から生まれる花まゆ作品一つ一つをじっくりとご覧くださり、フランスの方々の関心の高さに花まゆ講師たちも嬉しい悲鳴でした。

期間中多くのVIP、プレス関係にもご覧いただけ、大きな評価を得ています。

ワークショップは別会場で、30名近くのリヨンのマダムや、アートスクールに留学中の学生など様々。
日本大好きという方々が沢山いらっしゃって驚きです!JICCローズのミニブローチを完成しました。


1リヨン展示風景大勢の来展者であふれることも。
2リヨン絹市リヨンシルク市会場も大賑わいでした。
リヨンワークショップ立派なワークショップ会場。

台中フローラル世界博覧会開催!

●台中にて開催中のフローラル世界博覧会に花まゆが出品。

台湾中部・台中市で2018年11月3日に開催されたフローラル世界花博覧会に、
群馬県ブースにて花まゆの作品「収穫祭」が、生花とコレボレーションされ、展示されました。
フローラル世界博覧会は2年に1度開催される世界の花コンテストです。

10入り口台中15台中

今回の出品は「絹の国」である群馬県ならではの特色を生かした展示とのことで、
繭から生まれた花・花まゆがノミネートされました。
錦繍の秋の群馬を背景に、群馬県から届いた秋の花々がびっしりと生け込まれ、
その中に花まゆが浮かび上がっていました。
残念ながら賞は逃しましたが、花まゆは存在感のある花と他の出展者から評価を受けました。

台中4群馬群馬県のブース

台中11台中6鳥取台中712台中14台中以上は、他のブースのほんの一部。


また切り花部門では、群馬の花が銀賞を受賞。アジサイやスプレイマム、そして
バラはまさに匂うがごとく、繊細な色彩が美しく、見事でした。

台中2バラ

海外出展ブースは11月18日が最終ですが
花博は2019年4月24日間で、開催されます。
台湾にご興味のある方は、訪れててはいかがでしょうか。
会場では、南国特有の多種多様なランの花が咲き誇り、様々なイベントが開催される予定です。

ぐんまちゃん家の花まゆを秋にチェンジ

●ぐんまちゃん家の花まゆが秋の風情にかわりました。

2018年秋ぐんまちゃん家

群馬県アンテナショップの<ぐんまちゃん家>の花まゆ作品が変わりました。
秋の風情を取り入れた花々。ススキ、われもこう、萩、ナデシコを組み合わせたアレンジです。
GINZA6 (旧松坂屋)のすぐそばですので、お時間がある方は寄ってみてください。
群馬県の一押しの美味しいものも手に入る、銀座の穴場です。

花まゆ展示・台中とリヨンへ

● 花まゆが台中とリヨンで展示されます!


 この秋、海外二か所で展示がされます。すでに準備は進行中です。
今年最後の大きな仕事として酒井先生を初め講師一同が取り組んでいます。


◆ 台中世界花博覧会へ
 台中(台湾中部)にて、2018年11月~2019年4月まで開催される世界花博覧会。
 その博覧会の海外部門・群馬県ブースに花まゆが出品されます。
 花博は花、緑を通して、自然、観光、文化を展示展開され、花まゆは文化面で選ばれました。
 絹・養蚕大国の群馬県としての特色を生かた、ユニークな展示は
 バックは見事な紅葉と、滝の画像を配置して、錦秋の世界を表現。
 ブースの周囲は群馬県ならではの花々が飾られ、
 その中にふわっと花まゆが浮かび上がる予定です。
  なお、この海外参加での花まゆ展示は2018年11月18日まで。

◆リヨン 絹市で展示
  2回目となるリヨン。今回は11月15,16,17,18日に開催される
  リヨン近郊の絹業者が一堂に介する絹市 「マルシェ・デ・ソワ」での展示。
  リヨン中心部の商工会議所の歴史的建物ブルス宮殿が会場です。
  今年は日仏国交160周年で、その一環として、花まゆは、日本の四季の花々を展示予定。
  その他に、ワークショップで、JICCローズのブローチ制作もあります。

  また富岡製糸場の原型でもあるリヨン近郊のソワリボネ(世界遺産・製糸絹織物工場跡地で
  現在絹織物博物館)とサンテティエンヌ
での展示とワークショップなど
  フランス現地の方たちとの交流も予定されています。
  
 
 

カツラユミコレクションに花まゆ登場

●カツラユミコレクションに花まゆのアクセサリーが登場しました。

ブライダルで世界的に名を馳せる桂由美さんのコレクションが、7月3日パリコレに続き、
8月1日帝国ホテル大阪にて開催され、その中で花まゆで作ったイヤリング、ヘッドアクセサリーが
多数登場しました。今回は、キャリアという製糸過程でできる副産物を使い、
今までないような大胆なデザインが生まれました。
そして何よりも様々な色調のキャリアは酒井登巳子ならではの色遣いで染色、
ドレスに合わせ何度も試行錯誤を繰り返しています。大阪での作品を少し紹介しますが、
下記のサイトでもパリコレクションを見ることが出来ますので、ご覧ください。


カツラユミパリコレクション

2018-5カツラユミ2018-4カツラユミ2018-11カツラユミ

2018-10カツラユミ2018-12カツラユミ2018桂由美2018-14カツラユミ
2018-7カツラユミ2018-2カツラユミ


肥後細川庭園松聲閣花まゆ展終了

● 肥後細川庭園松聲閣での花まゆ展が終了いたしました。

P1018187.jpg

6月22日〜24日に開催しました東京地区の花まゆ展が大盛況のうちに終了いたしました。
肥後細川庭園の素晴らしいお庭を背景に、静かな佇まいの松聲閣で洋間と和室を借り切っての
花まゆ展。東京・日本橋髙島屋友の会教室、NHK文化センター柏教室、浦安教室、掛川教室の生徒さんの力作と、講師の作品、
そして酒井登巳子先生の肥後椿、露草など、花まゆならではの世界を存分に味わっていただけたかと思います。
個々の作品は、花まゆ公式サイトでご紹介されておりますのでご覧ください。
三日間、大勢に皆様にご来場いただき、心より感謝いたします。有難うございました。

P1018182.jpg

P1018098.jpg

群馬県アンテナショップに花まゆ展示

●ぐんまちゃん家(ち)が銀座7丁目にオープン。花まゆも展示しています。

1群馬
群馬7
2群馬

群馬県の情報発信のアンテナショップが、銀座7丁目にオープン。銀座でも今一番注目されてるGINNZA 6のすぐそばです。
ナチュラルでモダンな店内は、とてもおしゃれな雰囲気。特に群馬県でも選りすぐりの名産品がずらりとラインナップされて
います。中でも注目は群馬県産の野菜&果物を使用したスィーツで、上目黒「パティスリーポタジエ」の
柿沢安耶さんの手によるもの。トマトやゴボウなど等意外な食材で作られた、見た目も美しいスィーツです。せひお試しあれ!
群馬10


群馬といえば「繭・シルク」ということで、冨岡製糸場オリジナルスカーフも販売されていますよ。
そして、花まゆの作品が二点、入り口に飾られています。
これは今後も常設展示になります。季節ごとに花まゆ作品をご紹介しますので、ご期待ください。
9群馬
タチアオイ
5群馬
ドライアジサイ

そして6月12日のオープニングには、大澤知事、福田元総理夫人などをお迎えして、大賑わいで幕を明けました。
人気のキャラクターぐんまちゃんもほっこりと、場を盛り上げていました。
3群馬


■ぐんまちゃん家  東京都中央区銀座7丁目10の5
             The ORB Luminous 1F&2F(2Fは7月下旬にレストランとしてオープン)
             ℡ 03-3571-3086
             営業時間 am11:00 〜pm7:00

東京都文京区で、花まゆ展開催されます

●「花まゆ展」 肥後細川庭園 開催のお知らせ
    共催:肥後細川庭園 パークアップ共同体

 DMtokyo.jpg

東京都文京区にある肥後細川庭園 松聲閣 にて、「花まゆ展」が開催されます。
松聲閣は、肥後熊本藩細川家の下屋敷跡地に整備された新江戸川公園内にあり、
明治期に、細川家の学問所として建設されました。
大正期には、細川家のお住まいとして使用されていたこともあります。
その後昭和36年に公園となってからは集会施設として活用され、
その歴史的価値から文京区が保存、修復して、平成29年に一般公開されました。
回遊式の植栽の素晴らしい庭園に囲まれ、新しくなった松聲閣ですが、
当時の建築資材が再利用されており、風情豊かな建物にと蘇っています。

その松聲閣の洋間、和室を広々と使って、多彩な花まゆが展示されます。
なかでも、細川家ゆかりの「肥後六花」の一つ肥後椿が酒井登巳子の手によって制作され、
格式の高い花を花まゆでお見せいたします。
今回は、東京近辺の花まゆ会員の皆様の作品で、十数年習われてきた生徒さんの
見事な花々もお見せいたします。
多くの方のご来場を心よりお待ちしております。

■会期 2018年6月22日(金)~24日(日)
     10:00〜16:30 (最終日は16:00)
■会場 肥後細川庭園  松聲閣
     東京都文京区目白台1-1-22
  ・東京メトロ有楽線 「江戸川橋駅」下車 徒歩約15分
  ・東京メトロ東西線 「早稲田駅」下車 徒歩約15分
  ・都電荒川線 「早稲田駅」下車 徒歩約5分
  ・都営バス 「早稲田」下車 徒歩約5分
  ・都営バス 「ホテル椿山荘東京前」下車 徒歩約7分
花まゆ公式ブログ
教室案内等は公式HPをご覧ください

花まゆ

Author:花まゆ
花まゆ公式ブログへようこそ

花まゆ公式HP

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR