花まゆ展 in  京都 開催中

●京都にて初めての花まゆ展開催中

P1014812.jpg

P1014815.jpg

P1014820.jpg

新緑の眩い京都にて、NHK文化センター京都教室の花まゆ会員の作品を中心に初の作品展を現在開催しています。
講師8名、生徒42名の作品と、講師共同作品、そして花まゆ主宰・酒井登巳子の見事な逸品と、
見ごたえののある作品ばかりです。小さな繭を使って細やかな手仕事で生まれた花々をぜひご覧ください。

■会期・5月27日(水)まで。午前10時〜午後5時(最終日は午後4時)
■会場・みやこめっせ(京都勧業館)2階美術工芸コーナー。
(一階レストラン「浮舟」西側の専用エレベーターをご利用ください)
■アクセス・地下鉄東西線「東山駅」下車北へ徒歩五分。
      市バス・京都駅から5号・100号系統で「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
℡075-762-2680

花まゆ展 in 姫路

姫路にて、初めての花まゆ作品展開催中

西日本ではなかなか見て頂く機会のない花まゆ展です。

会場は姫路城の南側にある、イーグレひめじ内にある、市民ギャラリーです。
今回は、神戸新聞文化センターの姫路教室と加西教室の生徒さんの作品を中心に展示されています。

ひめじ1

会場には2010年に開催された、上海万博の日本館に出品された花が再現されています。
これはシルクロードをイメージして制作された花で、全国の花まゆ会員が参加した作品です 。
可憐な小花が織り成す、花まゆならではの美しいグラデーション。
数万輪の花が見せる迫力も感じていただける事と思います。

ひめじ6



両教室で講師を務める、河野講師の作品。
大輪のダリアに圧倒されます。
ひめじ4



両教室の生徒さん達の共同作品。
自然で柔らかな表情の、花まゆらしい作品です。
ひめじ3



イーグレひめじ地下一階の市民ギャラリーで開催中です。

初心者の方から、ベテランの方まで、皆さんの力作です。
ひめじ2


ひめじ5



会期:7月25日~28日
時間:10:00~18:00(最終日は16時まで)
会場:イーグレひめじ
地下1階・第一展示室
アクセス:JR姫路駅より北に約600m・徒歩約10分

花まゆ展  名古屋・荒子川公園

花まゆ展   名古屋市港区 荒子川公園 ガーデンプラザ

3月30日(土)~4月7日(日)




1000本のソメイヨシノが荒子川を挟んで咲き誇る名古屋の南部を代表する桜の名所。満開に近い中、開催初日は好天に恵まれ非常に多くの花見客が訪れました。桜をいっぱい見た後での、予期せぬ花まゆの作品展のすばらしさに、皆さん非常に喜ばれたようです。

今回は荒子川公園さくらまつりの企画に花まゆ展が選ばれました。非常に多くの来場が見込まれるため、花まゆ展としては定評のある東山荘並みの完成度の高い展示をめざしました。会場の性格上、入場者制限のある東山荘と違い、広く一般の方に見ていただく良い機会となりました。

arakogawa2.jpg


arakogawa3.jpg


春らしい配色のアレンジを中心に花まゆの桜も出品、外の桜に負けない人気がありました。
好評に付き来年のさくらまつりにも展示予定となりました。来年は講習会も企画されています。


名古屋駅よりあおなみ線15分、荒子川公園駅下車スグ

三重県ブロック 花まゆ作品展

三重県の花まゆ4教室合同の花まゆ作品展が

三重県三重郡菰野町、ローズガーデン にて今日から5月30日まで開催

津・四日市・四日市桜花台・桑名 各教室の講師および皆さんの作品を展示しています

鈴鹿山脈の自然を背景にしたローズガーデン、名前の通り美しいバラに囲まれた会場です

9:00~18:00  会場では特別講習もしています


ローズガーデン1

ローズガーデン2

NGO

『花まゆ』ワシントン展作品紹介

『花まゆ』ワシントン展作品紹介
●季節の花祭”夏・花火
ワシントン展での大きなテーマが日本の四季の花祭りでした。その中での夏の花祭りは、夜空を飾る花火のように花を飾りました。小さな花弁を丁寧に重ねた大輪のポンポンダリアがすくっと立ち上がり、スカビポオッサ、赤葉草が辺りをにぎわせる花火。たおやかに、力強く、花の芯はどこまでも天に向かいます。

『花まゆ』ワシントン展作品紹介

『花まゆ』ワシントン展作品紹介
●牡丹の花束
小さな繭から、これほどまで大きな花も生まれるのが『花まゆ』の魅力です。
深いオペラピンクから淡いベビーピンクへと美しいグラデーションに彩られた花びらが何枚も重なって、生まれた牡丹の花。花の一つ一つに豊かな情感が溢れ、華麗で、夢のような世界を届けてくれる花束でした。

『花まゆ』ワシントン展作品紹介

『花まゆ』ワシントン展作品紹介
●天蚕の花
美しい黄緑色は天然の繭の色。天蚕のもつ独特の光沢に惹かれて創り出された大きな花です。
薄く剥いだ花弁を何枚も重ね、美しい陰影を浮かべた気品に満ちた花、絹糸、天蚕の切り残しを添えて、日本の繭から生まれた、美しく楽しいアレンジメントです。

『花まゆ』ワシントン展作品一部紹介

『花まゆ』ワシントン展作品紹介
●リーフガーランド
『花まゆ』の原点でもある、揚繭(糸を採った後に残った繭)で創られた花です。薄い繭の一片を枝につけた一枝を何本も束ねてアレンジしています。全長3mほどにも及ぶ大きなアレンジですが、軽い繭だからこそ生まれた花の姿です。

『花まゆ』ワシントン展作品紹介

『花まゆ』ワシントン展紹介
●『花まゆ』ワシントン展会場の様子です(ギャラリー入り口)。
2010年9月10日~11月22日にわたって、在アメリカ合衆国日本国大使館広報文化センター内ギャラリーで開催された『花まゆ』ワシントン展。
200㎡もの広い会場に作品点数30数点ほど。華やかな中にも凛とした『花まゆ』の展開でした。
日本の伝統文化紹介に大きな貢献をしてきた広報文化センターで、日本人の創り出す美しい手仕事として『花まゆ』が紹介されました。小さな繭から生み出された花の数々、その発想と技と、美しさに、来場の皆様からは感嘆の声が上がっていました。

上海万博レセプション会場に飾った作品です。

上海万博画像
レセプションの始まる前の会場風景です。中央に聳え立つ花が『花まゆ』です。大勢のお客様が集う場所ですので邪魔をせず、しかし日本の美を際出せた『花まゆ』。シルクロードに聳える山々に咲く花をイメージに、酒井登巳子デザインの凛とした花は、ライトアップされて会場内を華やかに演出。来賓の多くの方を魅了していました。
花まゆ公式ブログ
教室案内等は公式HPをご覧ください

花まゆ

Author:花まゆ
花まゆ公式ブログへようこそ

花まゆ公式HP

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR