FC2ブログ

桂由美コレクションに花まゆのヘッドコサージュが登場

●「BEYOND EAST & WEST」 〜日本の伝統技術の革新と創造を世界へ~
 桂由美2018年コレクション に 花まゆが登場
 迎賓館赤坂離宮にて初のコレクションを開催

迎賓館

2018年2月20日、迎賓館赤坂離宮の羽衣の間にて、桂由美さんのコレクションが開催され、
花まゆのヘッドコザージュが登場しました。
迎賓館赤坂離宮でのファッションショーが開催されるのは桂由美さんが初めてとのこと。
国の重要文化財であり、一般開放されたとはいえ、なかなか入ることのできない最高の舞台で、
桂由美さんの長年あたためてきた思いが実現。
日本の伝統技術を生かしたドレスが次々と紹介されました。
花まゆも国産繭を使い、繊細な手わざで作る花の数々を桂先生からの依頼を受け
コレクション用に4点を制作。また以前制作し天蚕のベールが展示されました。

11桂由美
12桂由美
1桂由美
2桂由美
5桂由美

3月10日 横濱三塔の日にワークショップ開催します

●横濱三塔の日に花まゆのワークショップ開催!

横浜での「花まゆ展」開催の前日、3月10日は 横濱三塔の日(横浜開港記念会館のジャック・
神奈川県庁本庁舎キング、横浜税関クィーン)で、開港記念会館は「世界のダンス」を楽しむ
イベントが行われます。その中で、「花まゆ」のワークショップが開催されます。
ぐんま黄金の繭1個を使って、繭ならではのミニバラを作ります。
7三塔の日ワークショップの花

繭に触れたことのない方も大勢いらっしゃるかと思いますが、小さな繭から
可愛らしい花が生まれます。15分~20分程度でできますので、是非ご参加ください。

●受付時間 13:00〜15:00
●会場    1階第1会議室
●各回(約20分)8名
●参加料金 200円
●講師 花まゆ本部認定講師

花まゆ展を横浜で開催します。

● 花まゆ展 in 横浜 

生糸貿易で日本の一大貿易港として発展した横浜で、横浜市中区役所の後援をいただき、
繭から生まれた花「花まゆ展」を開催します。
会場となる横浜市開港記念会館は、かつて大手の生糸貿易商だった石川屋の跡地(岡倉
天心生誕の地でもある)に、横浜貿易商人の拠点であった横浜商法会議所(商工会議所の
前身)が入居する町会所として大正6年に創建されました。
その後、関東大震災などに見舞われながらも、平成29年に100周年を迎えました。かつての
生糸産業の繁栄が伺えるような重厚な石造りの建物や格調ある内装。平成元年に国の
重要文化財に指定されています。
DSC_2099.jpg

開港記念会館の2階、第6会議室において、南関東にある4箇所の花まゆ教室の生徒さんの
作品、講師の作品、また花まゆならではの大作も展示いたします。

世界遺産の富岡製糸場、前橋の昭和庁舎などで展示会を重ねてきた「花まゆ」にとって、
横浜は群馬から繋がる、日本の絹を世界に羽ばたかせた歴史的な場所です。
日常の中で絹が遠い存在になっている現在ですが、繭持つ優美さ、輝き、
そして温かみなどを感じていただき、絹の新しい表現としての「花まゆ」をどうぞ、
ごゆっくりとご覧ください。


●会期 3月11日(日)~13日(火)
     午前10時~午後5時(最終日は午後4時迄)
●会場 横浜市開港記念会館2階 第6会議室

DSC_1064.jpg

上毛新聞社新年交歓会にて花まゆを展示しました。

● 上毛新聞社新年交歓会を飾った花まゆ・祝い花

平成30年1月5日。上毛新聞社の新年交歓会がヤマダグリーンドーム前橋で盛大に行われました。
昨年、上毛新聞社より出版していただいた花まゆ2刊目「繭から生まれた花Ⅱ」のご縁もあり
新年会には是非にと花まゆが飾られました。
会場入り口には、「三山蚕花」と「伝え花」で皆様をお迎えし、
舞台に愛らしいは繭のもち花と、お正月の雰囲気を華やかに会場を彩りました。

joumou1.jpg
2上毛
1,000人以上を超す大勢のお客様、大盛況の交歓会です。上毛新聞社北村社長、群馬県大澤知事、来賓のご挨拶に続き
酒井会長からのお礼の言葉も。大勢のお客様を前に少し緊張気味の会長です。1上毛新聞社交歓会
お客様を迎える「三山蚕花」3上毛joumou2.jpg「伝え花」

*北村社長より 「今年は、変わる時代と向き合う。紙媒体を基軸に様々なメディアを使い、生活に役に立つ情報を伝える
  新聞社を目指す」と心強いお話でした。


名古屋東山荘花繭展終了しました。

●第19回東山荘花繭展が終了しました。

今年で第19回を迎えた花繭展。秋も深まり始めた東山荘の情趣溢れる環境の中で、
大好評のうちに花繭展が終了いたしました。
1花繭展
2花繭展
3花繭展
4花繭展
6花繭展
二冊目の本「繭から生まれた花Ⅱ」も刊行し、スケジュール的に大変な時期でしたが、
さすが名古屋のベテラン揃いの生徒さんの作品の数々は見事でした。
また酒井登巳子先生の新作もお目見えし、より充実した花繭展でした。
来年は、3月横浜開港記念館、5月京都みやこめっせ、
6月江戸川橋・肥後細川庭園で展示会が開催されますので
お近くの方は楽しみにしてください。

映画「紅い襷」が公開されます。

●富岡製糸場物語・映画「紅い襷」が公開されます

富岡製糸場世界遺産登録3周年を記念して、富岡市が企画、制作した富岡製糸場成り立ちの感動の物語。是非ご覧ください

P1016942.jpg

明治初期、日本の近代化を牽引した輸出品は重厚な「軍艦」ではなく、しなやかな「絹」でした。
その生産を支えていたのは、名もなき女性たちの手であったことをご存知でしょうか。
故郷を離れ、新しい日本のために糸をひき続けた若き工女たちと、フランスから、
製糸業を通して日本の近代化に尽力した、製糸場の首長ポール・ブリュナとエミリ夫人、そして
厳しくも温かいフランス人女性教師。彼女らによって、
日本にも新たな産業の風が吹き込まれたのです。
工女たちが、それぞれの不安を抱えながらも、次第に身分や国境を越え、
近代化という扉を自ら切り開いた先で手にしたものとは?
そして「生糸の神様」というブリューナが日本に残したものとは・・・?
近代製糸業の始まりを担った若き工女たちの姿を、
長野・松代の工女・横田(和田)英の手記をもとに紐解いていきます。

                                       ≪映画リーフレットより≫
●公開日程  *東京都 12月2日(土)〜14日(木)渋谷シネパレス
            初日に、監督と女優・水島優さんの舞台挨拶があります。
          *愛知県 12月9日(土)〜      名古屋小劇場
            初日に、岩井富岡市長も駆けつける予定
          *宮城県 12月30(土)〜       桜井薬局セントラルホール   

名古屋東山荘にて花繭展開催されます。

●第19回花繭展 開催のお知らせ
花繭展東山荘

秋色濃い東山荘で恒例の花まゆの作品展を開催いたします。
今年は花まゆ二冊目の本『繭から生まれた花Ⅱ』の出版を記念して、
本で紹介の作品が多数展示されます。ご来場をお待ちしております。
■会期:11月17日(金)〜11月19日(日)
 午前10時〜午後4時≪最終日は午後3時まで)
■会場:名古屋市東山荘(とうざんそう)
 名古屋市瑞穂区初日町2-3
 <アクセス>・地下鉄桜町線「瑞穂区役所」駅下車 一番出口より 東へ約12分。
          ・市バス「田辺通2丁目」停留所より徒歩3分

  *ご入場の際には、ブログを見たと受付にてお知らせください。通常はご案内状が必要となります。

昭和庁舎にて花まゆ展開催中

● 『繭から生まれた花Ⅱ』出版記念・花まゆ展開催中
 富岡製糸場と絹産業遺産群 世界遺産登録3周年記念 と
 上毛新聞創刊130周年記念 の特別展

    9月21日より群馬県前橋市の群馬県庁昭和庁舎にて、花まゆ展が開催されています。
   『繭から生まれた花Ⅱ』の出版記念 及び群馬県より後援をいただき
   富岡製糸場と絹産業遺産群 登録3周年記念 と 上毛新聞創刊130周年記念 が重なり
   大規模な展示会になっています。
   昭和庁舎の格式なる建物の 第一展示室、第二展示室と二か所で展示されています。
   前橋での初めての花まゆ展です。どうぞ花まゆの繊細で優美な花をご覧ください。
   会期は、9月27日(水)まで。10時〜18時。
   

shouwa7.jpg第一展示室正面を飾る三山蚕花
shouwa5.jpg
21日オープニングレセプションにてテープカット
shouw3.jpg
第二展示室 木瓜
shouw4.jpg
第一展示室 ススキ
showa2.jpg
第一展示室 アネモネ

『繭から生まれた花Ⅱ』出版記念展示会が開催されます

●作品集『繭から生まれた花Ⅱ』の出版記念の展示会が、昭和庁舎で開催されます。

花まゆの作品集第二弾が、いよいよこの9月に刊行されます。
104ページにわたる作品の数々、美しい写真で紹介しています。
麗しの薔薇からはじまり、野の花、豊穣の花、極めの花と、酒井登巳子ならではの
目をみはるばかりの作品です。繭ならではの繊細で優美な花々。
単なる造花と一線を隔した花々に触れてみてください。
定価:本体2,400円+税 上毛新聞社刊
P1017044.jpg

この本の出版を記念して、展示会を9月21日〜27日に
前橋市の群馬県庁昭和庁舎〈2階 第一展示室、第二展示室)で開催します。
本に出てくる作品がほとんど飾られますので、お楽しみに!

10時から18時。入場無料。
P1017042.jpg
P1017043.jpg

富岡製糸場にて「紅い襷」展開催中

● 富岡製糸場にて、工女さんの物語「紅い襷」展開催中

世界遺産登録から三周年を迎えた富岡製糸場。
明治初期の開設当初、全国から集まった工女さんの物語を、横田 英の手記を元に
再現した映画「紅い襷」がこの秋より公開されます。それを記念して、
只今、映画のシーンなどを物語る展示会が開催されています。
10月22日まで・富岡製糸場東繭置所内・無料(別途、富岡製糸場入場料が必要)
            P1016942.jpg映画チラシ
P1016935.jpg展示会開会式の様子

映画のシーンの写真を中心に、映画に使われた衣装や小道具などが展示され、 
近代化を支えた工女さんの様子に触れることができます。
その一端に、花まゆの花、薔薇のアレンジメントと生成りの花を会場に飾らせていただきました。
大輪の薔薇はフランスの香り、揚り繭で作った生成りの花は、
富岡市の市花の桜をリーフガーランドとともに生け込んであります。

様々なイベントが繰り広げられていますので、是非とも、富岡製糸場に足を運んで見てください。             image1 (9)生成りの花
P1016928.jpg                          P1016926.jpg
大輪の薔薇アレンジメントは、ブリューナご夫妻が映画で着用した衣装とともに。

*映画は、この秋10月7日(土)劇場公開/ イオンシネマ高崎・ユナイテッドシネマ前橋
*関連イベント 〇トークショー及びミニコンサート 9月23日(土)午前11時 富岡倉庫
           〇握手会 及びサイン会 9月23日(土)午後1時 富岡製糸場東繭置所
           出演者 水島 優(横田 英役) 吉本美憂(河原 鶴役)
      *応募方法は富岡市HPにてお知らせします



花まゆ公式ブログ
教室案内等は公式HPをご覧ください

花まゆ

Author:花まゆ
花まゆ公式ブログへようこそ

花まゆ公式HP

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR